• 教材
    発達障害の子どもの教材を選ぶには?特性に合ったおすすめ教材を選ぶ
    2018年8月9日
  • 教材
    【体験談あり】発達障害の子どもの勉強に「チャレンジタッチ」は適しているのか?
    2018年7月26日
  • 教材
    発達障害の子どもの勉強にスマイルゼミは適しているのか?
    2018年8月4日
  • 教材
    【体験談あり】発達障害の子どもの勉強に「すらら」は適しているのか?
    2018年7月31日
  • 教材
    発達障害を持つ子どもにはタブレット教材がおすすめ?WISCの視点からも◎
    2018年12月9日
  • 教材
    【徹底比較】算数が苦手な子どもにぴったりのeラーニング教材はこれだ!
    2018年9月26日

勉強法このサイトでは、発達障害の子どもに向けて、勉強法に関する情報をたくさん発信してきました。子どもの特性は一人ひとり違うため、効果のある勉強法はそれぞれ異なります。今の勉強法が本当に子どもに合っているかは、どうしたらわかるのでしょうか。それを判断する材料となるのが、「知能検査」です。知能検査とはどんなものなのか、その種類と勉強への活用法などを考えていきましょう。

1. 知能検査ってどんなもの?

知能検査物事の理解、判断、知識などの認知機能を測定するための心理検査を知能検査と言います。知能検査は発達障害や知的障害の有無を診断するためのものではなく、その人のつまずきの原因を探ったり、得意分野・不得意分野を明らかにしたりすることで、つまずきが起こらないようにするにはどうすればいいのか、得意を見つけ伸ばすにはどうしたらよいのかを考えていくためのものです。
知能検査にも種類があり、それぞれ目的や検査の内容、対象年齢などが異なります。その人に合った検査を適切に受けることで、発達やバランスを客観的に見ることができます。

1-1. 知能指数(IQ)とは

IQ知能検査の結果を表す指数として、知能指数(IQ:Intelligence Quotientの略)という値がよく用いられます。IQは平均値を100とし、集団内でのその人の位置を数値化したものであり、同年齢の人たちと比べ、その人の知能が高いか低いかを見ることができます。ただ、知能検査で導き出されるIQは知能の実態ではなく、あくまでも指標にすぎず、永続的なものでもありません。数値を参考に、一人ひとりに合った教育や支援を考えていくためのものだと言えます。

知能検査で算出されるIQには、上記の「偏差IQ」の他に、精神年齢と生活年齢の比を基準とした「比例IQ」があります。

1-2. 知能検査を受けるには

知能検査以前は、小学校に上がると全員が知能検査を受けていましたが、診断結果はほとんど保護者には共有されず、現在では行わない学校が多くなってきました。
既に発達障害の診断が出ている場合、かかりつけの医師から知能検査を受けることを勧められるケースがあります。そうでない場合は、検査を受けられる医療機関を探すことになります。
総合病院や大学病院の小児科や児童精神科、臨床心理士のいる民間病院などで受けられることが多いので、まずは問い合わせてみるといいでしょう。

費用は、公的病院で受ける場合は保険適用となり1,500円~数千円、民間病院の場合は保険適用外となり1万円~3万円程度となります。費用についても事前に問い合わせるようにしましょう。

2. 日本でよく用いられる知能検査

知能検査知能検査にはいくつかの種類があります。それぞれ検査の目的や内容が異なるため、どの検査を受けるかきちんと選ぶ必要があります。日本でよく用いられている3つの知能検査をご紹介します。

2-1. WISC-Ⅳ

WISC-Ⅳは、ウェクスラー式知能検査の1つです。ウェクスラー式知能検査は世界でも広く使われている知能検査で、受ける人の年齢に合わせて

  • 幼児用…WPPSI
  • 児童用…WISC
  • 成人用…WAIS

の3つがあります。ここでは対象年齢が5歳0ヶ月〜16歳11ヶ月のWISCについてご紹介します。定期的に改定されており、現在は第4版となるWISC-Ⅳが最新となっています。

15の下位検査(基本検査:10、補助検査:5)で構成されており、10の基本検査を実施することで、5つの合成得点(全検査IQ、4つの指標得点)が算出されます。それらの合成得点から、子どもの知的発達の状況をさまざま方向から把握できます。
4つの指標得点とは言語理解指標、知覚推理指標、ワーキングメモリー指標、処理速度指標の4つで、それぞれの指標が出るため、得意なこと、不得意なことの判断に役立ちます。JIS

特に情報をどのようにインプットし、どのようにアウトプットするのが向いているかという判断は、勉強法を考えていく上で役立ちます。
インプット アウトプット例えば、知覚推理が弱い子どもには、絵や動作で伝えるよりきちんと言葉にして伝えたほうが理解しやすいなど、対策を考えることができます。

参考:https://www.nichibun.co.jp/

2-2. 田中ビネー知能検査Ⅴ

田中ビネー知能検査は、知能検査の始まりでもある「ビネー‐シモン法」の伝統を受け継ぐ知能検査で、精神年齢と生活年齢の比である比例知能指数(比例IQ)を算出します。同時に、偏差IQも算出することができます(14歳以上に関しては、偏差IQのみ算出)。田中ビネー知能検査Ⅴが最新です。
2歳~成人までと対象年齢が広いほか、検査用具が大きく、子どもが興味を持つようなつくりになっているため楽しく取り組むことができます。

田中ビネー知能検査Ⅴは「思考」、「言語」、「記憶」、「数量」、「知覚」などの問題で構成されており、難易度別に1歳級から13歳級までの問題、成人の問題があります(ここでいう年齢は生活年齢ではなく精神年齢になります)。
14歳未満の児童にも必要に応じて偏差IQが出せるようになっていますが、14歳以上では結晶性領域、流動性領域、記憶領域、論理推理の領域4分野についてそれぞれ偏差IQを出せるようになっています。

精神年齢や生活年齢を算出するのが特徴で、療育や日常生活に活用されています。

参考:http://www.saccess55.co.jp/kobetu/detail/bine5.html

2-3. KABC-Ⅱ

KABCは、Kaufman Assessment Battery for Childrenの略で、1983年にアメリカの心理学者カウフマン夫妻によって開発されました。日本では1993年に標準化され、KABC-Ⅱが刊行されています。認知処理過程と、習得度の2方向から子どもの知的能力を評価できる14種類の下位検査で構成されており、得意な認知処理様式を見つけるために役立ちます。
対象年齢は2歳6ヶ月~18歳11ヶ月となっており、イーゼル(問題掲示板)を使った検査は、カラフルで子どもの興味・関心を引き付ける作りになっています。KABC

認知処理過程を同時処理と継次処理の2つに分けて測定するのが特徴で、そのどちらが得意なのかによって学習の方向性をを決めていきます。

参考:http://www.k-abc.jp/

2-4. 3つの知能検査の比較

ご紹介した3つの知能検査の特徴をまとめると、以下のようになります。

検査名対象年齢実施時間特徴
WISC-Ⅳ5歳0ヶ月~16歳11ヶ月60分~120分言語理解指標、知覚推理指標、ワーキングメモリー指標、処理速度指標の4つの指標で子どもの得意・不得意がわかる。
田中ビネー知能検査Ⅴ2歳~成人60分~90分「思考」「言語」「記憶」「数量」「知覚」などの問題で構成されている。精神年齢と生活年齢が把握できる。
KABC-Ⅱ2歳6ヶ月~18歳11ヶ月60分~180分認知処理過程(同時処理・継次処理・計画尺度・学習尺度)と習得度(語彙・読み・書き・算数(数学))がわかる。

3. 勉強に生かすならKABCが役に立つ!

勉強ができるようになったWISC-Ⅳ、田中ビネー知能検査Ⅴ、KABC-Ⅱのいずれも、子どもの認知機能や知的能力を測定するものであり、結果をもとに普段の生活に生かしていくことができます。その中でも勉強法を考える上でおすすめしたいのはKABC-Ⅱです。

KABC-Ⅱがおすすめ理由は、問題を解決するための認知処理能力を同時処理と継次処理に分けて測定していることです。どちらが得意かを比較し得意な能力を使った支援法を提案します。

  • 継次処理…1つずつ物事を処理する力。道筋を立てて順序よく取り組む勉強法が向いています。
  • 同時処理…多くの刺激を同時に処理する力。耳で聞くよりも目で見たほうが理解が早く、全体をふまえた勉強法に向いています。

また、認知処理能力と習得尺度(基礎学力)を比較し、認知処理のほうが結果が良い場合は認知処理能力を学習に生かせていないことが予想されるため、得意な能力を使って学力を伸ばすといった一手が見えてきます。

知能検査を受けることで、子どもの学習支援に役立つことは多くあります。
学力がなかなか伸びずに悩んでいる場合は、勉強法を見直すためにも一度検査を受けることを検討してみてください。

学習環境の関連記事
  • 9歳・10歳の壁を乗り越える!長所を生かした勉強法とは?
  • 勉強が苦手な子におすすめしたい「無学年方式」の勉強法とは?
  • 何度書いても漢字が覚えられない子の勉強法は?得意な認知処理様式で対応
  • 算数の文章題は読解力!?苦手を脱却する学習法
  • 勉強が苦手な子にこそおすすめ!家庭教師でも塾でもない勉強法とは?
  • 「小学生に上がったのに勉強しない!」親ができることは?
おすすめの記事