• 教材
    【徹底比較】算数が苦手な子どもにぴったりのeラーニング教材はこれだ!
    2018年9月26日
  • 教材
    【体験談あり】発達障害の子どもの勉強に「チャレンジタッチ」は適しているのか?
    2018年7月26日
  • 教材
    発達障害の子どもの教材を選ぶには?特性に合ったおすすめ教材を選ぶ
    2018年8月9日
  • 教材
    発達障害を持つ子どもにはタブレット教材がおすすめ?WISCの視点からも◎
    2018年12月9日
  • 教材
    発達障害の子どもの勉強にスマイルゼミは適しているのか?
    2018年8月4日
  • 教材
    【体験談あり】発達障害の子どもの勉強に「すらら」は適しているのか?
    2018年7月31日

タブレット学習発達障害の子どもには、「ワーキングメモリが低い」という特性を持つ子がいます。ワーキングメモリは、何かの作業をする際に、情報を一時的に記憶しておく能力のこと。ワーキングメモリが低いと、日常生活にさまざまな支障が出るほか、当然、勉強にも悪影響が出てしまいます。
ワーキングメモリの低い子どもが学力を上げるには、適した教材を選び、勉強法を工夫する必要があります。発達障害の子どもには、パソコン・タブレット教材(eラーニング教材)が適していると言われていますが、その1つである「チャレンジタッチ」はどうなのでしょうか。実際に使った人の感想を交えて考えていきたいと思います。

1. チャレンジタッチってどんな教材?

チャレンジタッチは、「進研ゼミ」のベネッセコーポレーションが提供しているタブレット教材です。チャレンジタッチ進研ゼミには、紙の教材で学ぶ「オリジナルスタイル」と、タブレット中心で学ぶ「タブレットスタイル」があり、このうちタブレットスタイル」がチャレンジタッチに当たります。
中学生講座になると、「オリジナルスタイル」と紙とタブレットで学ぶ「ハイブリッドスタイル」の2種類になります。

チャレンジタッチの基本情報

  • 対象学年:小学1年生~小学6年生(中学生は紙とタブレットで学ぶ「ハイブリッドスタイル」となる)
  • 教科:国語・算数・英語(小学1年生〜2年生)、国語・算数・理科・社会・英語(小学3年生〜小学6年生)
  • 価格:月額3,343円~5,779円(毎月払いの場合。学年によって異なる。)
  • 学習端末:専用タブレット(中学生の「ハイブリッドスタイル」はiPadで学習)
  • 保護者用画面:あり

チャレンジタッチの勉強の流れ

学校で採用されている教科書と授業の進度に合わせて、毎月決まった分量が配信されます。「赤ペン先生のもんだい」で添削指導が受けられるほか、年に数回、紙の教材も届き、テストの予行演習もできます。
キャラクターが会話をするように授業が進んでいき、音声も聞き取りやすいので楽しみながら理解していくことができます。

2. ワーキングメモリの低い子どもがチャレンジタッチを使ってみた感想

チャレンジタッチを始めたのは、注意欠陥・多動性障害(ADHD)の診断を受けている小学3年生のMくん。チャレンジタッチを使ってみてどうだったのか、保護者の方に聞きました。ADHD

Mくんについて
小学3年生。ASDと診断され、ADHDの特性も併せ持つ。社会意識が低く、周りの人に合わせて行動することが苦手。学校や塾などの集団で学ぶものより、家でマイペースに勉強できる教材を探してチャレンジタッチを試してみることにした。
ワーキングメモリとは…

情報を一時的に記憶しておく能力のことで、生活のあらゆる場面で必要なものです。たとえば人と会話するときも、相手が話したことを一時的に記憶したうえで言葉を発することで、会話が成り立っています。
発達障害の子どもはこのワーキングメモリの容量が低い傾向にあり、授業の内容が頭に入ってこない、習ったことをすぐに忘れてしまう、ノートを取るのが遅くなってしまう、文章を読んでも理解できない、考えたことを書く前に忘れてしまうなど、さまざまな勉強の障害を抱えています。

2-1. ワーキングメモリの低い子どもにチャレンジタッチが良かった点

●講義がわかりやすく、ゆっくり進む

チャレンジタッチの講義は、画面がきれいで、わかりやすいのが特徴です。ゆっくりと、声も聞き取りやすいので、わからないまま先へ進んでしまうことがないでしょう。ワーキングメモリが低い子どもの場合、印象に残りやすい学習法が効果的です。その点でも、チャレンジタッチは子どもの興味を引き付けるので適していると言えます。

タブレットで学ぶこと自体が楽しいようで、紙の教材とはまったく違うやる気を見せています。大好きなアニメや、ゲームの延長のように勉強できるのが良いですね」

保護者のコメント

●漢字の書き方を丁寧に教えてくれる

チャレンジタッチでは、漢字も丁寧にレクチャーがあります。まずはなぞって書き、その後自分で書いてみます。書き順や、はね、はらいなども感知されるので、正しく漢字を勉強することができます。チャレンジタッチ

「漢字が苦手だったのですが、チャレンジタッチでの勉強は楽しいようです。紙に書くのと、タブレットに書くのとではモチベーションが違うようです。正解したときの音も気に入っているようです」

保護者のコメント

2-2. ワーキングメモリの低い子どもにチャレンジタッチが良くなかった点

●問題数が少ない

学んだことをしっかり理解し、自分で問題を解けるようにするためには、短期記憶を長期記憶にすることが必要です。ワーキングメモリの低い子どもは、特にこの力が弱い傾向にあり、何度も繰り返し学習することで定着させる必要があります。
チャレンジタッチは、講義は丁寧ですが、講義のあとの確認問題が2~3問、「がんばり問題1」、「がんばり問題2」がそれぞれ5~10問で十分とは言えません。同じ問題を解くことはできますが、これでは答えだけを暗記してしまう可能性があり、本当の意味で理解できているとは言えないでしょう。

「週に2~3回はチャレンジタッチで勉強しているのですが、思うように成績は上がっていません。問題が少なく、応用力がついていないのが原因だと感じています」

保護者のコメント

●さかのぼり学習できる範囲が狭い

ワーキングメモリの低い子どもは、一度学習した内容をすぐに忘れてしまうことがよくあります。そのため、学年が上がっても、前の学年の内容にさかのぼって学び直す必要が出てきます。チャレンジタッチは継続利用していても1学年下までしかさかのぼれません。それ以前の復習が必要な子どもには不向きといえそうです。

「息子は現在小学3年生ですが、2年生、1年生の内容から復習したいと考えています。ただ、チャレンジタッチではさかのぼりできないので、別の教材をやる必要がありそうです

保護者のコメント

3. チャレンジタッチまとめ

このように、「チャレンジタッチ」は、子どもが楽しく学べる工夫が凝らされており、ワーキングメモリの低い子どもも勉強する習慣を身に着けやすくなると思われます。ただ、問題数の少なさや、さかのぼり学習できる範囲が狭い点など、不十分なところも多ので、補う方法を考える必要がありそうです。

教材の関連記事
  • 成績が上がる!「さかのぼり学習」のポイントと教材をご紹介
  • 【体験談あり】ワーキングメモリの低い子どもの勉強にデキタスは適しているのか?
  • ワーキングメモリの低い子どもの勉強にチャレンジタッチは適しているのか?
  • ワーキングメモリの低い子どもの勉強にスマイルゼミは適しているのか?
  • 発達障害 通信教材
    発達障害の子どもにぴったりの通信教材は?パソコン・タブレット教材
  • 算数
    発達障害の子どもの算数の学習にパソコン・タブレット教材がおすすめの理由5選
おすすめの記事