• 教材
    発達障害の子どもの教材を選ぶには?特性に合ったおすすめ教材を選ぶ
    2018年8月9日
  • 教材
    発達障害を持つ子どもにはタブレット教材がおすすめ?WISCの視点からも◎
    2018年12月9日
  • 教材
    【体験談あり】発達障害の子どもの勉強に「すらら」は適しているのか?
    2018年7月31日
  • 教材
    【体験談あり】発達障害の子どもの勉強に「チャレンジタッチ」は適しているのか?
    2018年7月26日
  • 教材
    【徹底比較】算数が苦手な子どもにぴったりのeラーニング教材はこれだ!
    2018年9月26日
  • 教材
    発達障害の子どもの勉強にスマイルゼミは適しているのか?
    2018年8月4日

収集癖発達障害の子どもは、「収集癖」があることがあります。自閉スペクトラム症によく見られるものですが、何かを集めることに執着し、すべて集めなければ気がすまないのが特徴です。マイナスにとられてしまいがちなこの特性ですが、うまく活かすことで、勉強習慣を身に着けているケースがあるようです。その事例を見ていきましょう。

1. 収集癖がある子どもの特徴は?

収集自閉スペクトラム症の特性の1つとして上げられる「収集癖」。カードや電車の切符など収集するものはさまざまですが、中には意外なものを収集したがるケースもあります。なぜこのような特性が出てくるのでしょうか。

1-1 規則正しいものが好き

発達障害でなくても、収集欲のある人は多いでしょう。「マンガを全巻集めたい」、「切手集めが趣味だ」など、人それぞれです。しかし、発達障害の場合、道端に落ちている石やゴミなど、一般的に価値のないものを集めたがることもあります。また、それをすべて集めなければ気が済まず、自制できないため、お金や保管スペースなどを考慮せずに集め続けてしまいます。収集ここには、自閉スペクトラム症の「規則正しいものが好き」という特性が影響しているようです。何事も完璧に、規則に沿っていなければ気がすまない子どもにとって、コレクションが1つでも欠けていることは許せないことなのです。

1-2 ルールを納得させることが大切

多くの場合、集めたものをアルバムに入れたり、棚に並べたりしてコレクションしたがります。膨大な数になり、保管場所の問題が出てくることが多いのですが、無理にやめさせたり、勝手に処分したりするのは禁物です。アルバム他の人からは価値がないように見えても、本人にとっては宝物のようなもの。改めさせる必要があれば、しっかりと話をし、納得させることが大切です。

たとえば、

  • お手伝いをしたお小遣いで、1ヶ月に1つだけ買ってもいいと決める
  • この棚がいっぱいになったら終わりだと言い聞かせておく
  • 古いものは写真を撮ってから処分する
  • 実物を購入しなくても、ネットで画像を印刷すれば見られることを教える

など、集めているものによって家庭でルールを決めることが大切です。

2. 収集癖を勉強習慣に結びつけたAくんの事例

このような収集癖を勉強習慣づくりに役立てているケースを見ていきましょう。
自閉スペクトラム症と診断されているAくんは、eラーニング教材「すらら」を使って勉強しています。

Aくんのお母さんによると、Aくんは、「すらら」のユニット(学習の1つの区切り)の最後に出てくる「まとめプリント」が気に入っているようです。パソコンの画面を印刷するのが好きで、学習した後はそれをファイルにまとめているそうです。収集癖 勉強

「すらら」のまとめプリントの例(小学校高学年の国語)。その日学んだことのポイントがすぐにわかるようになっています。

また、「すらら」に出てくるキャラクターも好きなようで、こちらも印刷しては、キャラクターだけのファイルも作っています。ランダムに出てくるキャラクターをコンプリートしようと、勉強をがんばっているようです。スタンプ 収集

「すらら」の「ログインスタンプ」。さまざまなキャラクターが登場するので、Aくんはすべてのキャラクターを集めるためにがんばって勉強しているそう。

「すらら」の詳しいご紹介に関しましては、下記記事をご覧ください。

3. ルールを決めて家庭学習の習慣をつくろう

このように、教材そのものを好きになり、収集癖と勉強のモチベーションが一緒になることがベストですが、必ずしもうまくいくわけではないでしょう。その場合も、家庭内でルールを決めるのがおすすめです。

3-1 コレクションできるものを勉強のご褒美にする

発達障害の子どもの勉強によく取り入れられている方法としては、「ご褒美シール」や「ご褒美スタンプ」があります。シール 収集シールやスタンプそのものを収集することに子どもが喜びを感じてくれたらいいのですが、そうでなくても「シールを20枚貯めたら○○を買っていい」など、家庭で決まりごとをつくるといいでしょう。
勉強すれば、収集欲を満たすことができるという決まりがあると、子どもは安心できるのです。

3-2 しっかりした学習計画をつくる

学習計画自閉スペクトラム症の子どもは、「決められたスケジュールを繰り返したがる」という特性を持っていることも多いようです。収集癖もある場合は、この2つを結びつけることで、学習習慣がより身につきやすくなるでしょう。

  • 16:00~17:00は勉強の時間
  • 月水金は国語、火木は算数をやる
  • 毎日宿題とドリルを1ページやる

など、子どものペースを考慮しながらしっかりした学習計画を立ててあげましょう。そのうえで、「今日の勉強が終わったからシールを貼る」など、きちんとご褒美もあげるようにします。

4. 収集癖のある子どもの勉強に関するまとめ

子ども 強みこのように、マイナスにとらえられがちな発達障害の特性も、特徴を理解して上手にサポートすることで“強み”へと変えていくことができます。
発達障害であるかないかに関わらず、子どもが学習習慣を身に着けることは容易なことではありません。しかし、「収集癖」が良い方向にはたらけば、だれよりも勉強する子になる可能性もあるのです。

「収集癖」を学習に活かすことができる教材については、下記記事をご覧ください。

学習環境の関連記事
  • 9歳・10歳の壁を乗り越える!長所を生かした勉強法とは?
  • 勉強が苦手な子におすすめしたい「無学年方式」の勉強法とは?
  • 何度書いても漢字が覚えられない子の勉強法は?得意な認知処理様式で対応
  • 算数の文章題は読解力!?苦手を脱却する学習法
  • 勉強が苦手な子にこそおすすめ!家庭教師でも塾でもない勉強法とは?
  • 「小学生に上がったのに勉強しない!」親ができることは?
おすすめの記事
言語発達遅滞とは?原因は自閉症?
コラム
3歳頃になっても言葉が出るのが遅い、本人からの話しかけや言葉がけが出てこない…「言語発達遅滞」かもしれません。言語発達遅滞とは何か、言語発達...
ASDはどんな発達障害?ASDの概要と特徴
コラム
ASDという発達障害をご存知でしょうか?日本語では、「自閉症スペクトラム障害」と呼ばれています。特徴をしっかり理解し、1人ひとりに合ったコミ...