• 教材
    発達障害の子どもの勉強にスマイルゼミは適しているのか?
    2018年8月4日
  • 教材
    【体験談あり】発達障害の子どもの勉強に「チャレンジタッチ」は適しているのか?
    2018年7月26日
  • 教材
    【徹底比較】算数が苦手な子どもにぴったりのeラーニング教材はこれだ!
    2018年9月26日
  • 教材
    発達障害を持つ子どもにはタブレット教材がおすすめ?WISCの視点からも◎
    2018年12月9日
  • 教材
    発達障害の子どもの教材を選ぶには?特性に合ったおすすめ教材を選ぶ
    2018年8月9日
  • 教材
    【体験談あり】発達障害の子どもの勉強に「すらら」は適しているのか?
    2018年7月31日

3歳頃になってもなんとなく言葉が出るのが遅い、こちらの言っていることは理解していても、本人からの話しかけや言葉がけが出てこない…

そんなお子さんはいませんか?

言葉が遅い原因のひとつとして「言語発達遅滞」の場合が考えられます。

言語発達遅滞とはいったいどういうものなのか、そしてその原因についてお話していきます。

 

1. 言語発達遅滞とは

言語発達遅滞とは、こちらの言うことは理解しているものの言葉が出ず、意思疎通が難しいという発達の遅れのことを言います。

子どもの話す単語の数が少ないことに不安を覚える保護者や周囲の大人は、言葉を話させようと無理やり子どもに教え込んだりすることもあるでしょう。

まずは子どもの行動や言葉の観察をしながら、考えうるさまざまな原因を正しく見極め、適切な対処をすることが大切になります。

 

2. 表出性言語障害と受容性言語障害

言語発達遅滞の大きな原因として、「表出性言語障害」と「受容性言語障害」というものがあります。

「表出性言語障害」とは、言葉の理解はあるものの、言葉を使って事実の説明や自分の気持ちを表すことが難しい障害で、運動機能の遅れとも言われています。

「受容性言語障害」とは、言葉の理解そのものが実年齢の水準よりも遅れていることをいいます。

見たもの、感じたことを言葉に表すことができないほか、こちらの言うことも理解できず、感覚機能の遅れがあると言われています。

 

3. 言語発達遅滞のその他の原因とは

言語発達遅滞の原因を正確に知るためには、専門機関で検査をすることが必要になります。

聴覚に異常がないか調べるための聴覚検査や、脳の発達の遅れがないかを調べるCTや脳波、ホルモンバランスなどの体の数値を調べる血液検査をする場合があります。

また、検査の他にも、子どもの日頃の様子や振る舞いをよく観察することが大切です。

それらをふまえ、考えられる原因とはどんなことでしょうか。

3-1.聴力障害

子ども1,000人のうち、約4~5人に難聴があると言われていますが、子どもが難聴の場合は、なかなか周囲が気づけないこともあります。

音には反応しにくいけれど名前を呼べば返事をしたり、テレビを楽しんで見ていたりというように、聴力に少し不安を覚えつつも、問題視するほどではない子どもの場合でも、発語が遅れたり発音が正しくなかったりすることも起こりえます。

また、生まれたときから難聴がある子どもは「先天性難聴」と呼ばれますが、難聴の度合いが進行する人もいます。

しかし、難聴がある場合でも、人工内耳や補聴器で音を聞き、言語獲得が可能となります。

難聴の検査は5~6歳くらいから可能ですから、少しでも早いうちに検査をすることが大切です。

3-2.精神遅滞

知的な遅れが原因で、言葉が遅れていることもあります。

言語発達の遅れの他にも、生活面での自立や、ものごとの理解が難しいことがあります。

言葉は人に教えてもらうだけではなく、自分で考えながら使うことで徐々に獲得していきます。

そのため、周囲と多くのコミュニケーションをとりながら、認める・褒めることを繰り返します。

子どもの心が動き、少しでもコミュニケーションや会話をしたいと思えることが、言語を獲得する一番の近道となります。

3-3.自閉症や発達障害

人とのコミュニケーションがうまく取れず、社会性が低い自閉症も、言語発達の遅れの原因となります。

人との関わりがうまくできないことや、自分の気持ちを言葉で伝えることが困難であること、興味・関心が狭く、限られた環境の中で活動することが多いことなどが原因と考えられます。

また、自閉症の場合は、言葉の遅れだけではなく、相手の言葉を汲み取ることも難しいです。

そのため、会話が一方通行になったり、「それ、あれ」などの代名詞を理解しづらかったりします。

精神遅滞のある人と同じように、多くのコミュニケーションをとりながら、言葉のやり取りが楽しいと感じられるような環境を作ることが大事です。

 

4. 言語発達遅滞に関するまとめ

今回は、言語発達遅滞に関してお話しました。

自閉症や発達障害のある子どもは、言語発達が著しく遅れることが多くあります。

ただ、言葉を発するようになるまでには個人差がありますし、年齢が低いとその遅れの原因を正確に判断することはなかなか難しいものです。

とはいえ、出来る限り早いうちにその原因を探り、適切な働きかけをしていくことが将来の言語発達への大きな力になることは間違いありません。

ですので、言葉における発達が遅いと感じた場合は、必ず病院で医師に検査・診断をしてもらった上で、周囲の大人が子どもの生活や振る舞いを注意深く観察してあげましょう。

正確な原因がわかれば、それに対する正しい対処や、投薬などを通して発語や会話が増え改善していくことができるかもしれません。

また、それだけではなく、言語を習得していくには、人とのコミュニケーションは欠かせませんので、まずは簡単に短く分かりやすい言葉で子どもと会話をすることを心がけましょう。

そして、返答や反応があった場合は大いに喜び、子どもを褒めて認めることで、発語を促すようにするとよいでしょう。

コラムの関連記事
  • 子どもにイライラしてしまう!怒りをコントロールする方法とは?
  • ペアレントトレーニングとは?その種類と受けられる場所や費用は?
  • 発達障害が引き起こす二次障害にはどんなものがあるの?
  • 限局性学習症とは?読み・書き・算数のつまずきを理解しよう
  • 言語発達遅滞とは?原因は自閉症?
  • 発表!発達障害と不器用さの関係について
おすすめの記事